(株)ふるさと奈川について

住んでてよかった
来てみて良かった、奈川に。

松本市奈川地区は松本市の西端に位置し、人口700人を割る小さな地域で、その面積の94%を森林が占める自然豊かな場所です。
(株)ふるさと奈川は地域の資源を活かした農林業を柱に「来てみて良かった、住んでて良かった奈川に」を体現するため、関係機関と協働し、奈川の暮らしが持続する地域運営に取り組むため、2018年5月に創業しました。

企業概要

【社名】   株式会社ふるさと奈川

【代表者】  代表取締役社長 奥原仁作

【設立年月日】2018年5月9日

【従業員】  3名

【資本金】  500万円

【売上高】  6000万円(計画)

【事務所】  長野県松本市奈川3301

【電話】   0263-79-2077(奈川振興公社内)

事業案内

【農業部門】

標高1,000m前後に耕地がある奈川は昼夜の寒暖差が大きく、旨味のある美味しい農産物が育つ場所です。
そば、えごま等の特産品の生産維持、また、新たな商品開発、販売を行っています。

【林業部門】

地域内の森林整備を行い、薪ステーションを作ることで、雇用の創出、地域内で資源が循環する仕組みを作ります。

【奈川を元気にする部門】

夏祭りの実施など、地域イベントの支援

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする